• 文字
  • 中
  • 大

2022年メールマガジン

2022年バックナンバー

2022年5月号 第144号

ひょうごの〝健康長寿企業"の基盤づくりに邁進中!
~WLB推進情報掲載~

久しぶりの制限のないゴールデンウイークはみなさんどのように過ごされましたか?
今年度もキャッチフレーズの募集が始まります!みなさんぜひ応募してください!
それでは今月のメルマガ、スタートです。

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
    (1)WLB宣言企業の登録期間の廃止のお知らせ
    (2)「テレワーク」と「ワーケーション」に関するWebページが新たにオープン
    (3)キャンペーン『キャッチフレーズ』募集のお知らせ
    (4)『キーパーソン養成講座』募集のお知らせ
    (5)『ワーク・ライフ・バランス基礎講座』募集のお知らせ
  2. WLBな日々
  3. WLB先進企業コラム[大和美術印刷株式会社]
  4. 仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]
  5. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
☆・♪.*・*☆*♪(1)WLB宣言企業の登録期間の廃止のお知らせ+*。☆・♪.*・*☆

これまで、WLB宣言企業の登録期間は宣言登録証の交付日から起算して5年間としていましたが、令和4年5月16日に、これを廃止しました。
このため、登録の有効期限はなくなりましたので、今後5年ごとの更新手続きも不要となります。なお、宣言登録を廃止したい場合や、登録内容に変更がある場合は当センターHPの『推進企業宣言』ページより「ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言登録廃止・変更届出書(様式第3号)」をダウンロードし、ご提出ください。
ひょうご仕事と生活センター推進企業宣言ページはこちら

☆・♪.*(2)「テレワーク」と「ワーケーション」に関するWebページが新たにオープン!+*・♪.☆

このたび、センターのHPに「テレワーク」と「ワーケーション」に関するWebページを新たに公開しています。
ぜひ、ご覧ください。
テレワーク
ワーケーション

☆・♪.*・*☆*♪(3)ワーク・ライフ・バランスキャッチフレーズ募集開始!☆・♪.*・*☆

今年もワーク・ライフ・バランス推進キャンペーンとしてキャッチフレーズを募集します。
募集テーマは、『アフターコロナ時代の新しいワークスタイルを促進するキャッチフレーズ』です。

☆応募資格:兵庫県在住・在勤、在学の方
☆募集期限:令和4年7月29日(金)
※郵送の場合は当日消印有効
詳しい内容はHPをご確認下さい。
https://www.hyogo-wlb.jp/news/bosyu/item8738

★:*☆・∴・(4)「キーパーソン養成講座・2022」募集開始! (参加費無料)・∴・☆*:★

◇ ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言ご登録企業の皆さま必見!

WLBを組織全体で推進していくには、「社内での推進役(キーパーソン)の存在」と「プランの作成」が必須です。
この講座は、キーパーソンの果たすべき役割を理解した上で、自組織の課題や解決策を検討し、効果的に取り組みを進めるためのアクションプラン(行動計画)を作成、それをどう職場内で活かしていくかを考える全4回の連続講座です。
期間中はもちろん、受講後も希望者にはセンターのコンサルタントが個別にアドバイスを行い、より具体的で自組織にあったプランの作成を目指します。

■第1回 6月16日(木) 10時30分から16時30分
キーパーソンとは/WLBビジョンを考える
■第2回 7月7日(木) 10時30分から16時30分
自組織の現状を把握する
■第3回 8月18日(木) 10時30分から16時30分
具体策を考える
■第4回 10月13日(木) 10時30分から16時30分
アクションプラン発表会
※全4回の講座を受講された方は、WLBフェスタ(11月に兵庫県公館で開催予定)において、連合兵庫会長、兵庫県経営者協会会長、兵庫県知事の連名で修了証を授与します。

【会場】
兵庫県中央労働センター 2階201会議室(神戸市中央区下山手通6-3-28)

【参加対象者】
・ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言ご登録企業のキーパーソン、またはキーパーソンになりうる方
・全4回の講座に出席可能な方
(兵庫県内に事業所がある企業・団体に限ります)

【定員】
15社30名(先着順)
1社につき2名様までお申込みいただけます。

【申込み方法】
FAX、E-mailにてお申込みください。
FAX:078-381-5288 E-mail:info@hyogo-wlb.jp

【お申込み締切日】
2022年6月2日(木)  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

皆様のご参加をお待ちしています!
申込方法など詳細はHPをご確認ください。
https://www.hyogo-wlb.jp/eventlist/keyperson/item8590

★:*☆・∴(5)「ワーク・ライフ・バランス基礎講座」(オンライン)募集∴・☆*:★

「残業削減」や「有給休暇取得率向上」だけがワーク・ライフ・バランスの取り組みのゴールではありません。ワーク・ライフ・バランスの取り組みをさらにすすめるため、「ワーク・ライフ・バランスとは?」を再確認し、その必要性やメリット、取り組むにあたっての大切なポイントをお伝えします。
WLBの取り組みをすすめたい企業・団体のご担当者様のご参加をお待ちしております!

【開催日時】 2022年6月7日(火)14時から15時
【方  法】 ビデオ会議サービスZoomを使ってのオンラインセミナー
【講  師】 ひょうご仕事と生活センター チーフコンサルタント 国本 豊泰
【申込方法】 以下のいずれかの方法でお申し込みください。
※視聴を希望される方は1名様ずつお申込みください。
お申込みいただいた方のみ参加できます。
【1】 応募フォーム
以下のURLにアクセスしてください。
https://forms.office.com/r/JeMpXvCsLa

【2】Eメール
以下の内容を送信してください。
参加者氏名、企業・団体名、所属部署・役職、電話番号、Eメールアドレス
送信先:info@hyogo-wlb.jp

詳細はHPからもごご覧いただけます。
https://www.hyogo-wlb.jp/eventlist/kiso/item8671

■2.WLBな日々■

「永遠なるもの」
ひょうご仕事と生活センター 姫路事務所長 竹村公秀

昨年は「変えられるもの、変えられないもの」と題し、宇多田ヒカルさんの「Wait&See-リスク-」という曲から、過去と他人は変えられない。変えられるのは今の自分、極論すれば過去も未来もなく、あるのは今、この一瞬ということを書きました。
でも、人間は必ず死を迎えます。この地球も太陽も銀河宇宙さえも限りがあるのです。WLBな日々もいつかは終わりを迎えます。

では、永遠ってあるのでしょうか?山口百恵さんの曲から考えてみたいと思います。
「何億光年 輝く星にも 寿命があると 教えてくれたのは あなたでした
季節ごとに咲く 一輪の花に 無限の命 知らせてくれたのも あなたでした」(「さよならの向う側」唄:山口百恵 作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童)
百恵さんはこの曲を歌い終え、ステージにマイクを置き引退しました。

母校の石碑には、次の文字が刻まれています。
「すべてのものは 過ぎ去り そして消えてゆく その過ぎ去り 消え去って行くものの 奥に在る 永遠なるもののことを 静かに考えよう」
(六甲学院 初代校長 武宮隼人神父)

『永遠』とは、未来にあるのではなく、「今、生きている、この一瞬の中にある」と感じています。すべてがなくなった後に残るのは、「思い」や「気」それも、笑顔、愛など優しさに包まれたものだと思います。

百恵さんの歌にヒントがあります。
Thank you for your kindness/Thank you for your tenderness/Thank you for your smile/Thank you for your love/Thank you for your everything

こんなことを考えながら、WLBな日々を過ごしている私です。

■3.WLB先進企業コラム(2021年WLB表彰企業)■

大和美術印刷株式会社 代表取締役社長 篠田 直宏

大和美術印刷は、今年で創業60周年を迎える企業です。
兵庫県の地場産業のマッチの箱の印刷からスタートし、チラシ、パンフレット、カタログなどの印刷を中心に事業を展開してきました。コロナ禍を通じて、動画やWebにも対応できる会社へと変革、成長しつつあります。中小企業は、人それぞれの特性に合わせた能力を発揮する場所を工夫して創り出し、一人ひとりが輝ける場所を提供していくのがミッションだと考えています。
当社では、ワーク・ライフ・バランスの取り組みは、8年前から取り組みを開始しました。
その後、健康優良経営の申請も行い、取り組みを進めています。
仕事という“虫”は、仕事ができる人のことが大好きです。ほっておくと、頑張ってやっている人、無理してでも自分がやろうとする人のところばかりに寄っていきます。
部門長の役割は、この“虫”を引きはがして、それぞれの“特性”に合わせた“虫”をくっつけてあげることだと思っています。そのために、①仕組みをつくる ②見える化する ③挑戦する ことが大切だと思います。
①②はシステム上で作業の進捗が見える仕組みを作り、②は始業時と15時に仕事の進捗を確認し、③はできた時間をチャレンジタイム(新しいことにチャレンジする時間)にしています。全員で協力して、働き甲斐に満ちた働きやすい職場づくりをこれからも継続していきます。昨年には、さつきラン&ウォークに会社で登録し、約20人が参加して、兵庫県で3位になれました。社員の健康を心身ともに促進し、新しい取り組みに挑戦できる環境を整え、100周年を目指していきます。

■4.仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報] ■

ひょうご仕事と生活センターでは多様な働き方を応援するため、各種助成金を用意しています。皆様のご利用をお待ちしております。
令和4年度助成金の詳細はホームページをご覧ください。申請書、手引き等がダウンロードできます。

◇育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇仕事と生活の調和推進テレワーク導入支援助成金
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金

■5.編集後記■

今月号では大和美術印刷株式会社 代表取締役社長 篠田 直宏様よりWLB先進企業コラムへご寄稿いただきました。ありがとうございました。
キーパーソン養成講座や基礎講座もまだまだ募集中です!WLB推進のヒントが盛りだくさんの講座ですので、ぜひご参加ください!

メルマガ担当 須田

発行

■第144号
■2022年5月17日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
当センターは兵庫県からの委託事業を行っています。
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまで、ドシドシお寄せください。

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信されなかった場合はお手数ですが、センターまでご連絡ください。

2022年4月号 第143号

ひょうごの〝健康長寿企業"の基盤づくりに邁進中!
~WLB推進情報掲載~

新年度が始まりました!
制約のある生活がまだまだ続きそうですが、コロナと共存しながら今年度もWLB推進に取り組んでいきましょう!<
それでは今月のメルマガ、スタートです。

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
    ・「キーパーソン養成講座・2022」募集開始のお知らせ
    ・「ワーク・ライフ・バランス基礎講座」開催の予告
    ・「テレワーク導入支援助成金」対象事業拡充のお知らせ
    ・「テレワークサポートセンター」開設のお知らせ
  2. WLBな日々
  3. WLB先進企業コラム[御国色素株式会社]
  4. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
★:*☆・∴・「キーパーソン養成講座・2022」募集開始! (参加費無料)・∴・☆*:★

ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言ご登録企業の皆さま必見!

WLBを組織全体で推進していくには、「社内での推進役(キーパーソン)の存在」と「プランの作成」が必須です。
この講座は、キーパーソンの果たすべき役割を理解した上で、自組織の課題や解決策を検討し、効果的に取り組みを進めるためのアクションプラン(行動計画)を作成、それをどう職場内で活かしていくかを考える全4回の連続講座です。
期間中はもちろん、受講後も希望者にはセンターのコンサルタントが個別にアドバイスを行い、より具体的で自組織にあったプランの作成を目指します。

■第1回 6月16日(木) 10時30分から16時30分
キーパーソンとは/WLBビジョンを考える
■第2回 7月7日(木) 10時30分から16時30分
自組織の現状を把握する
■第3回 8月18日(木) 10時30分から16時30分
具体策を考える
■第4回 10月13日(木) 10時30分から16時30分
アクションプラン発表会
※全4回の講座を受講された方は、WLBフェスタ(11月開催予定)において、連合兵庫会長、兵庫県経営者協会会長、兵庫県知事の連名で修了証を授与します。

【会場】
兵庫県中央労働センター 2階201会議室(神戸市中央区下山手通6-3-28)

【参加対象者】
・ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言ご登録企業のキーパーソン、またはキーパーソンになりうる方
・全4回の講座に出席可能な方
(兵庫県内に事業所がある企業・団体に限ります)

【定員】
15社30名(先着順)
1社につき2名様までお申込みいただけます。

【申込み方法】
FAX、E-mailにてお申込みください。
FAX:078-381-5288 E-mail:info@hyogo-wlb.jp

【お申込み締切日】
2022年6月2日(木)
定員になり次第締め切らせていただきます。

皆様のご参加をお待ちしています!

申込方法など詳細はHPをご確認ください。
https://www.hyogo-wlb.jp/eventlist/keyperson/item8590

★:*☆・∴【予定】「ワーク・ライフ・バランス基礎講座」オンラインで開催∴・☆*:★

「残業削減」や「有給休暇取得率向上」だけがワーク・ライフ・バランスの取組のゴールではありません。ワーク・ライフ・バランスの取組をさらにすすめるため、「ワーク・ライフ・バランスとは?」を再確認し、その必要性やメリット、取り組むにあたっての大切なポイントをお伝えします。
WLBの取組をすすめたい企業・団体のご担当者様のご参加をお待ちしております!

【開催日時】 2022年6月7日(火)14時から15時
【方  法】 ビデオ会議サービスZoomを使ってのオンラインセミナー
【講  師】 ひょうご仕事と生活センター チーフコンサルタント 国本 豊泰

まもなく募集を開始します!当センターホームページの「イベント」欄にご注意ください。
イベント一覧はこちら → https://www.hyogo-wlb.jp/eventlist

★:*☆・∴・4月から助成金の内容が変わりました!・∴・☆*:★

①テレワーク導入支援助成金を新設し、対象事業を拡充
働く方々の多様で柔軟な働き方を促進することを目的として、中小企業の事業主が行うテレワーク環境の整備に要する費用の一部を助成します。

【支給対象】これまでの在宅勤務システムに加え、新たに在宅勤務以外のテレワークの環境整備や、自社専用コワーキングスペース等の借上げを対象とします。
【規模要件】企業全体の従業員が300人以下の県内事業所
【支給額】 対象経費の1/2以内(上限200万円)
【対象事業】 ◇在宅勤務のテレワークシステムの導入
・自宅設置用パソコン、タブレット、周辺機器の購入費用、ネットワーク設定等の初期費用
◇在宅勤務以外のテレワークシステムの導入【新規拡充】
・テレワーク用のモバイルパソコン、タブレット、周辺機器の購入費用、ネットワーク設定等の初期費用
◇コワーキングスペース等の借上料【新規拡充】
(※初期費用と最初の3ヶ月分を対象とする)
※仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)推進のために必要と認められるものに限ります。

②育児介護代替要員確保支援助成金、仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金については制度内容に変更はありませんが、申請様式等を変更しています。

各助成金の詳細については現在ホームページを作成中です。もうしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
お急ぎの場合は、センターへお問い合わせください。

◇育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇テレワーク導入支援助成金(準備中)
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金

★:*☆・∴・テレワークサポートセンターを開設しました!・∴・☆*:★


ICTアドバイザー3名を配置し、テレワークの導入から定着までのサポートを行う「テレワークサポートセンター」をセンター内に設置しました。
ご相談は下記までお電話ください。

ひょうご仕事と生活センター テレワークサポートセンター TEL:078-381-5277

■2.WLBな日々■

新たなステージでより一層の進化をめざして
~ 新年度スタートにあたって ~

ひょうご仕事と生活センター長 辻 芳治

メルマガを愛読頂いている各企業・団体の皆様! こんにちは!
新年度のスタートにあたり、平素のご愛顧ご支援に感謝を申し上げながら、一言ご挨拶を申し上げます。

ひょうご仕事と生活センターは、新しいスタッフ6名を迎え入れた新業務執行体制のもとで具体的な諸活動を始動しました。

当センターは、2009年(平成21年)6月、兵庫県・兵庫労働局・兵庫県経営者協会・連合兵庫による「仕事と生活のバランス」ひょうご共同宣言に基づく開設から14年目を迎えようとしています。
全国的に先例のない政労使協働によるワーク・ライフ・バランスの全県的な推進拠点としてスタートし、開設当初の「創成期」から、「宣言」「認定」制度創設や3拠点運営体制などの整備を進めた「拡充期」を経て、現在は、長引くコロナ禍にあって、時間と場所に捉われない多様で柔軟な働き方=「新たなワークスタイル実現」という、新たなステージとも言える「転換期」にあると受け止め、より一層の進化をめざす取組に邁進しようとしています。

迎えた新年度は、新たに「テレワークサポートセンター」を設置するとともに、ワーケーション推進にも取組むことにしており、県内企業の先進事例等を調査・集積し、セミナーや情報発信を通して普及・啓発に注力してまいります。また、前年度初めて開催した「WEB合同企業説明会」の継続開催も計画しています。
引き続き、私どもセンターは、県内企業・団体の皆様が、コロナ禍を乗り越え持続的成長を確かなものとするため、働き方改革や新たなワークスタイル実現などに取り組まれる際の「駆け込み寺」として、スタッフ一丸となって、より頼りにされる存在へと進化をめざし、全力で取り組んでまいります。積極的な利活用を呼びかけさせていただき、年度初めのご挨拶と致します。よろしくお願い申し上げます。

■3. WLB先進企業コラム(2020年WLB表彰企業)■

「お客様第一」
・・社員とその家族が幸せでなければ、お客様を大切に想う心は生まれない。

御国色素株式会社 総務部 WLB推進チーム

令和3年度表彰企業に選ばれました御国色素株式会社です。
本社は姫路市にあり、各種顔料を製造・販売、開発しています。

弊社は、「社員とその家族が幸せであってこそ、“お客様を想う心”が生まれる。」という経営者の想いの元、心身共に健康で働きやすい職場環境の構築と、社員にもご家族にも「御国色素の社員で幸せ」と思って頂くことを目標に、次のような取り組みをしています。

  • 無料の「社内スポーツジム」を設置し、運動不足やストレスの解消、社員同士の憩いの場としている。
  • 自販機に割安トクホ飲料、社員食堂に健康米、更衣室に体重計&血圧計を導入することで、健康を意識する社内環境を作った。
  • 仕事と子育ての両立の一助となるよう、育児短時間勤務は子供の小学校入学前まで利用可能としている。
  • 年1回開催の「ミクニまつり」は、若手社員が企画・運営し、社員と家族が参加する楽しい恒例行事となっている。

コロナ禍にも負けず、社員一人一人がお客様のため、会社のために、自分の職務を全うしています。
それはやはり、上記の取り組みにより「社員とご家族の幸せを願う経営者の気持ち」が、社員に通じた結果だと信じています。
これからも表彰企業という看板に甘えることなく、新しい取り組みを提案し実現させるために、チーム一丸となってがんばります!

■4.編集後記■

今月号では御国色素株式会社総務部 WLB推進チームの皆様より先進企業コラムへご寄稿いただきました。ありがとうございます。
これからも、一社でも多く健康長寿企業創りのお手伝いが出来ますよう、引き続き取り組んでまいります。

メルマガ担当 須田

発行

■第143号
■2022年4月19日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
当センターは兵庫県からの委託事業を行っています。
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまで、ドシドシお寄せください。

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信されなかった場合はお手数ですが、センターまでご連絡ください。

2022年3月号 第142号

ひょうごの〝健康長寿企業"の基盤づくりに邁進中!
~WLB推進情報掲載~

今年度も残りわずかとなりました。
少しずつ暖かくなり、春を感じるようになってきましたね。
新年度の新しいスタートに向けて、元気に過ごしましょう!
それでは今月のメルマガ、スタートです。

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
  2. WLB先進企業コラム
  3. WLBな日々 ①②
  4. [助成金情報]4月から助成金制度が大きく変わります!
  5. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
★:*:☆・∴・『令和3年度版WLBな会社ガイド』のご紹介・∴・☆:*:★

就職活動中のあなたへ「令和3年度版WLBな会社ガイド」を発行しました!
これから就職活動をスタートする皆さんに「WLB(ワーク・ライフ・バランス)ってどういうこと?」「WLBな会社ってどんな会社?」を伝え、WLBの視点を持って就職先を選んでもらうことを目的とした冊子です。
企業・団体の皆さまにとっても、表彰企業の事例を通し、WLBの取組が成功するヒントとなる情報をお伝えできるものになっています。
より良い就職活動に向けて、採用する側も、採用される側にも参考になる情報をたくさん掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

1. WLBな会社
「令和3年度ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰」を受賞された12企業の取組事例を分かりやすく紹介しています。
2. ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰 表彰企業一覧
これまでにセンターが「ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰」で表彰した企業・団体の一覧を掲載しています。
学生の方はもちろん、WLBに取り組みたい企業・団体様もぜひ参考にしてください。
PDFデータは、こちらからご覧ください。
https://www.hyogo-wlb.jp/center/journal/guide
★冊子を希望の方は①~⑥の内容を記入してE-mail、FAX等でお申し込みください。

①企業・団体名 ②住所 ③電話番号 ④担当者所属・氏名 ⑤必要部数
⑥利用目的
【FAX】078-381-5288
【E-mail】info@hyogo-wlb.jp

★:*:☆・∴・「ひょうごで働こう!マッチングサイト」移住支援金対象法人要件緩和のお知らせ・∴・☆:*:★

兵庫県では、インターネットを通じて就職・転職活動をされる方に直接求人情報をお届けするため、「ひょうごで働こう!マッチングサイト」を運営しています。
この度、移住支援金(東京圏からの移住・就職者に最大100万円を支給)の対象法人の要件緩和(対象制度の追加)に伴い、該当となる顕彰制度に「WLB宣言企業」が追加されましたのでお知らせいたします。「移住支援金対象法人(求人)」としてマッチングサイトに掲載されることで、東京圏の求職者へのアピール力が高まります。
是非、法人登録・求人掲載をご検討ください。

★「ひょうごで働こう!マッチングサイト」は こちら
★マッチングサイトにかかる法人登録申請については こちら
※既にマッチングサイトに登録いただいている法人様も上記URLから再申請いただくことで、「WLB宣言企業」として更新することができます。

●登録方法などに関するお問い合わせ(兵庫県からの受託事業者)
マッチングサイト運営事務局
TEL 0800-805-2215 E-mail fjj-iju@cs.jp.fujitsu.com

●事業に関するお問い合わせ
兵庫県産業労働部政策労働局労政福祉課雇用就業室
TEL 078-362-9168 E-mail  koyoshugyo@pref.hyogo.lg.jp

■2. WLB先進企業コラム(2020年WLB表彰企業)■

明石プラスチック工業株式会社 総務・経理 竹内 勝敏

当社では10代~80代までさまざまな年代の従業員が活躍しています。現在勤務63年目になる創業時からの従業員は、先日、神戸新聞でも取り上げられました。周囲は親しみと尊敬の念を込めて「長老」と呼んでいます。働き続きたいという意志と体力さえあれば、長く勤めてもらいたいという社長の思いの表れでもあります。

そんな当社では昨年5月、センターの助成金である環境整備支援助成金を活用し、女性更衣室兼休憩室を整備しました。当社はその名のとおりプラスチックを製造(成形)しているメーカーですが、量産製造となると1か月に何万個、何十万個と出る製品が多数あり、現場で働く従業員は黙々と機械や製品と向き合って生産性を向上させていくことが必要となってきます。そんな業務に携わる人たちにとって少しでも憩いの場になればという思いがきっかけです。今ではコミュニケーションの場としても大きな役割を果たしています。

そういった取り組みもあり、明石市より「あかし子育て応援企業」として認定をいただくこともできました。結果、子育て中の母親などの応募(採用)が増えました。面接では、子供の事情で急に休む場合とか気になるのですが大丈夫なのでしょうかといった質問をよくされます。出てこれる時に頑張って働いていただけたらそれでいいですよと返答しています。お互い様の精神で感謝の気持ちを忘れないことが重要だと思っています。

今後も全従業員が働きがいと働きやすさを実感できるよう職場改善に取り組んでいきます。

■3.WLBな日々■

①「継続こそ力なり」
ひょうご仕事と生活センター顧問 森本 洋平

皆さんお久しぶりです、前センター長で現顧問の森本です。
メルマガであまり政治色の問題を書くのは如何なものかと思いますが、ロシアのウクライナ侵攻のニュースが大きく取り扱われています。
このメルマガが届くのは3月中旬とのこと、それまでには何とか停戦交渉が成立することを願わずにはおられません。
今は北京冬季オリンピックが閉幕し、パラリンピックが開催中です。選手の方々の健闘をテレビ桟敷で応援させていただいています。

私がスポーツで思い出すのは、2011年開催の女子ワールドカップドイツ大会です。なでしこジャパンは大方の下馬評を覆して決勝に進出、決勝の相手は強豪中の強豪アメリカでした、2対1で負けていた試合でしたが終了間際に得たコーナーキックを澤穂希キャプテンのヘッドシュートで同点に追いつき、PK戦を制して優勝をいたしました。覚えている方も多いのではと思います。

日本中が湧きかえり、澤さんはMVPとなり、その年のバロンドール賞も受賞しました。そんな中で私が強く印象に残っている言葉があります。ある評論家の方が言われた言葉「真のチャンピオンとはトップになることではなく、トップを維持することだ」と言われ、「なでこしジャパン」を激励していた言葉です。

私どもの「仕事と生活センター」の運営方法も同じようなことが言えると思っています。取組への「宣言企業」として登録していただき、私どものコーディネーターやコンサルタントと共にワーク・ライフ・バランス活動に取り組んでいただき、一定のレベルになれば「認定企業」となります。さらに特徴的な取組ができ他の企業の模範となれば「表彰企業」として表彰されます。しかし「表彰企業」となった時点で活動が終了するわけではなく「表彰企業」としてのレベルをいかにして維持していくかが大変重要になってまいります。今まで以上に充実した取り組みとなるよう、これまで同様のお付き合いをお願い申し上げます。

最後になりますが4月は人事異動の季節、私は今年3月末にて顧問を退任させていただきますし、合わせて川村参与も退任となります。長いあいだ皆様とお付き合いをさせていただき、色んな勉強をさせていただきお世話になりました。
メルマガ紙面をお借りして、心より御礼申し上げます。・・・・・・多謝。

②「これからもセンターをご活用ください。」
ひょうご仕事と生活センター参与 川村 貴子

平成2年5月、兵庫県開催の「消費者行政シンポジウム」で、ジャーナリストの野中ともよさんが、「アメリカでは、環境配慮、社会貢献、女性やマイノリティ雇用、情報公開などの視点でメーカーを採点した商品ガイドブック『SHOPPING FOR A BETTER WORLD』がベストセラーになっている。私たちも価格や品質だけでなく、生産過程や背景も考慮して、商品を選択することが大切」と発言。これを契機に、兵庫県では女性団体を中心に「環境にやさしい買物運動」が始まりました。
まさに今、注目を浴びている「SDGs」を先取りした活動を30年以上前から展開していたのです。

また、平成20年10月には、連合兵庫、兵庫県経営者協会、兵庫県、兵庫労働局の4者が一体となって『仕事と生活のバランス』を推進することを宣言。翌21年6月には、ワーク・ライフ・バランス(WLB)を全県的に推進する拠点として「ひょうご仕事と生活センター」が公労使の協働により設立され、今日に至るまで数多くの企業のWLB推進をお手伝いしてきました。
国レベルでみると、時間外労働の上限規制や有休取得義務化等を盛り込んだ「働き方改革関連法」が成立したのはセンター設立9年後の平成30年6月。翌4月から順次施行され、ワーク・ライフ・バランスもようやく市民権を得つつあるかなと感じています。

このように兵庫県は先導的な活動を展開してきましたが、一地方自治体から全国に広げるのは本当に難しいと痛感しています。しかし、活動を続けてきたからこそ、テレワークやフレックス導入など、コロナ禍で必要に迫られた多様で柔軟な働き方にも、センターは迅速に対応できたと考えています。

森本顧問と一緒に3月末で退任します。副センター長として4年、参与として1年勤務させていただきました。お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。この間、いろんな企業の経営者や担当者の方々のお話しをお伺いする機会に恵まれ、得た情報はできるだけ一般化し参考事例としてお伝えするよう努めてきました。
企業の皆さまには今後もセンターをご活用いただき、より多くの企業が、50年、100年続く健康長寿企業になるように願っています。

■4.[助成金情報] 4月から助成金制度が大きく変わります!■

①中小企業育児・介護等離職者雇用助成金は廃止することになりました。
②中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金は現行のまま変更はありません。
(※手引き、申請書様式等の一部変更あり)
③仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金は、在宅勤務システムの整備を「テレワーク導入支援助成金」として対象事業を拡充します!

詳しくは4月以降にホームページよりご確認ください。
手引きや申請書の様式等も変更されますので、ご提出の際は当センターホームページよりダウンロードしてください。

■5.編集後記■

メルマガ142号、いかがでしたか?
今号では、「明石プラスチック工業株式会社」様より、先進企業コラムにご寄稿いただきました。ありがとうございます。
森本顧問、川村参与、長年お世話になりありがとうございました!
新年度もいろいろな方にコラムを寄稿いただく予定ですのでお楽しみに!

メルマガ担当 須田

発行

■第142号
■2022年3月15日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまでお寄せください。お待ちしております!!<

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信先変更や登録などご不明なことは info@hyogo-wlb.jp までご連絡下さい。

2022年2月号 第141号

ひょうごの〝健康長寿企業"の基盤づくりに邁進中!
~WLB推進情報掲載~

寒い日が続きますが、みなさま体調お変わりないでしょうか?
コロナとの付き合い方も日々変わっていく毎日ですが、健康に気をつけて乗り切りましょう!

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
  2. WLB先進企業コラム
  3. WLBな日々
  4. 仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]
  5. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
★:*☆・∴・全国初!兵庫県WLB表彰企業ばかりのWEB合同企業説明会を開催します・∴・☆*:★

ひょうご仕事と生活センター「仕事と生活のバランス表彰企業」48社(令和4年2月10日現在)に参加していただき、2023年3月新卒者等を対象にしたWEB合同企業説明会を開催します!

【日 時】令和4年3月5日(土)  10:30~17:00
【会 場】バーチャル特設会場
【対 象】2023年3月卒(大学院・大学・短大・専門学校生等)及び
     概ね卒業後3年以内の既卒者
主催:兵庫県
共催:ひょうご仕事と生活センター
運営:みなと銀行・はりまっち

詳細や予約方法はこちら

★:*:☆・∴ワーク・ライフ・バランス姫路地域シンポジウム開催のお知らせ∴・☆:*:★

オンラインも同時開催!(参加費無料)
女性の活躍を推進する企業セミナー  ~伸びる会社のコミュニケーション術~

これからの少子高齢化時代の社会において、女性の活躍が不可欠となりますが、女性が多様な働き方を実現しつつ、より一層、活躍できる社会の実現に向け、女性の雇用、女性管理職の登用促進に必要な環境、企業づくりなどを学ぶセミナーを開催します。

【講  師】今井尻 由利子(いまいじり ゆりこ)氏
      公益財団法人21世紀職業財団 客員講師
【日  時】令和4年2月28日(月)  14:00~15:30
【会  場】姫路商工会議所 新館2F 201研修室(姫路市下寺町43)
【定  員】30名(先着順) ※オンラインは定員なし
【参 加 費】無料
【申込方法】参加申込書をメールまたはFAXでお送りください
MAIL:keikyo@h-keikyo.gr.jp / FAX:079-289-1415
※オンラインはビデオ会議サービスZoomを使っての開催となりますので、事前に登録されたメールアドレスに約3日前にオンライン参加のご案内をお送りします。
当日までに視聴環境の確認等を行ってください。
申込用紙はこちらから

■2. WLB先進企業コラム(2020年WLB表彰企業)■

株式会社伍魚福 代表取締役社長 山中勧

伍魚福では「三方よし」の伍魚福版、「伍魚福エンターテイニングスパイラル」を理想に掲げて取り組んでいます。
これは、「従業員・家族にとっておもしろい会社」になることによって「良い仕事」をし、「お客様・協力企業にとっておもしろい会社」を実現、結果として会社も成長して、財務面でも「おもしろい会社」を目指そうというものです。

今回は、最近始めた「伍魚福GO TOキャンペーン」をご紹介します。
これは2020年11月、コロナ禍で忘年会が中止になったことから、その代案として創設したものです。5,000円を会社が負担し(超えた部分は自己負担)、従業員がそれぞれ自宅においしいものを取り寄せて食べ、英気を養おう、という企画です。
我々は人を楽しませるための食品「エンターテイニングフード」のメーカー。お取り寄せグルメの情報収集にもなるので、商品の写真を提出してもらうことを条件にしました。
ステーキ、寿司、ふぐ、うな丼、ピザ、こだわりのスイーツ、銘酒・・・。個性あふれる食卓を垣間見ることができ、とてもおもしろかったです。
ご家族にも大変喜ばれましたので、リアルの懇親会が復活してもこのキャンペーンは継続することにしました。

皆さんの会社でも、いかがですか?
最近は宴会代わりにおつまみを配布いただく企業も増えています。
伍魚福には通信販売事業部もございます。ご注文お待ちしております!

■3.WLBな日々■

ICTアドバイザー 宮岸 孝守

コロナが少し落ち着いた昨年の暮れに大好きなナベサダ、渡辺貞夫さんの音楽生活70周年のライブコンサートに行ってきました。
御年88歳でますますお元気なプレイ、いや2年前に行ったライブより更にパワーアップし素晴らしいプレイに酔いしれてました。

ナベサダはもちろんサックス奏者として超一流ですが、それ以上にバンドメンバーの演奏をうまく引き出しながら自分を出す演奏が素晴らしいと思います。
他のプレイヤーのソロになるとそれまでの真剣な表情から笑顔に変わり「いいぞいいぞ」と言っているようなリーダーとしての彼の人間性に魅力を感じます。
そんな彼の素晴らしいプレイは毎日のすさまじい練習量から生み出されているようです。以前テレビのトーク番組に出ていたナベサダが「もっともっとうまくなりたい」と言っていたことに感動したことを覚えています。

ナベサダの名曲に「マイ・ディア・ライフ」という曲があります。高校生の頃FMラジオで化粧品メーカー提供の番組のテーマ曲として流れて知った曲です。
あれから40年以上、仕事で疲れた時、いろいろと悩んでいる時、うれしいことがあった時、寝る前に今でもよく聞きます。そしてぐっすりと眠ります。
「マイ・ディア・ライフ」、日本語でいえば「私の愛おしい人生」、「素晴らしきかな人生」といったところでしょうか。

私たちが目指すワーク・ライフ・バランス。ここでいうライフは「人生」というより「仕事以外の時間」といった意味あいで使われます。
ただワーク・ライフ・バランスの実現はそれぞれが自分で「マイ・ディア・ライフ」と思える人生を目指すことかなと思います。

一日も早くコロナが早く収束し、またナベサダに会える日を楽しみに。

■4.仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]■

ひょうご仕事と生活センターでは多様な働き方を応援するため、各種助成金を用意しています。
今年度助成金の詳細はホームページをご覧ください。申請書、手引き等がダウンロードできます。

◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇中小企業育児・介護等離職者雇用助成金
(今年度の受付は終了しています)
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金

■5.編集後記■

メルマガ141号、いかがでしたか?
今月号では、「株式会社伍魚福」代表取締役社長 山中勧様に、先進企業コラムのご寄稿いただきました。
ありがとうございます。
来月は今年度最後のメルマガとなりますのでお楽しみに!

メルマガ担当 須田

発行

■第141号
■2022年2月15日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまでお寄せください。お待ちしております!!<

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信先変更や登録などご不明なことは info@hyogo-wlb.jp までご連絡下さい。

2022年1月号 第140号

ひょうごの〝健康長寿企業"の基盤づくりに邁進中!
~WLB推進情報掲載~

新年おめでとうございます。新しい年がスタートしました!
ひょうご仕事と生活センターでは、2022年も気持ちを新たに「ワーク・ライフ・バランス」の取組を支援してまいりますので、今年もよろしくお願いいたします。
それでは今月のメルマガ、スタートです。

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
  2. 新年のご挨拶
  3. WLB先進企業コラム[アンサー株式会社]
  4. 仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]
  5. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
★:*☆・∴・全国初!兵庫県WLB表彰企業限定参加のWEB合同企業説明会を開催します・∴・☆*:★

ひょうご仕事と生活センター「仕事と生活のバランス表彰企業」52社に参加していただき、2023年3月新卒者等を対象にしたWEB合同企業説明会を開催します!

【日 時】令和4年3月5日(土) 10:30~17:00
【会 場】バーチャル特設会場
【対 象】2023年3月卒(大学院・大学・短大・専門学校生等)及び
概ね卒業後3年以内の既卒者
主催:兵庫県
共催:ひょうご仕事と生活センター
運営:みなと銀行・はりまっち

詳細や予約方法については後日、HP等でお知らせします。

★:*☆・∴・☆☆第4回「労働問題講演会」開催のご案内(ひょうご労働図書館)・∴・☆*:★

ビデオ会議サービスZoomで開催!(参加費無料)

「業績向上の鍵は、エンゲージメントにあり」
~8,010社のDB(データベース)から見えた落とし穴と解決法~

エンゲージメント向上を進めていこうという動きが高まってきています。
エンゲージメントとは勤労者と企業の関係を示す指標となっています。
類似の言葉ではモチベーション(仕事に対してポジティブで充実した心理状態、個人が掲げている目標)がありますが、
エンゲージメントは勤労者の企業に対する共感度合いを表しています。
コロナ禍で業績回復が課題である今、その実現にはエンゲージメントが鍵であると、多くのコンサルティング実績から講師は説かれています。
また、エンゲージメント向上は勤労者にとっても働く上での重要なファクターであることなどについてご講演賜ります。
【講 師】梅原 英哉 氏
(株)リンクアンドモチベーション MCRカンパニー カンパニー長
【日 時】令和4年2月3日(木) 14:00~16:00
【対 象】テーマに関心のある方なら、どなたでも参加できます。
【定 員】先着80名程度
※オンライン講演会のため、参加者一人ひとりEメールアドレスが必須です。

ビデオ会議サービスZoomを使ってのオンラインセミナーとなります。
*開催日の3日前までに、登録されたメールアドレスにオンライン参加のご案内をお送りします。当日までに視聴環境の確認等を行ってください。

*参加申込は、『参加申込フォーム』または『申込用紙』(FAX/E-Mail)にて、お申し込みください。(参加費無料)

参加者申込フォーム
申込用紙
労働図書館HP

■2. 新年のご挨拶■
「健康長寿企業」をめざす躍進の年に!

メルマガ読者の皆様! 新年明けましておめでとうございます。
新型コロナウイルスの収束が見通せず、次なる「波」への備えが引き続き求められるなかでの年明けとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、ウイズコロナの日常が長期化する今、私たちはアフターコロナを見据え、立ち止まることなく変革への挑戦を継続しなくてはなりません。

私どもセンターは、2022年を「新たなワークスタイル元年」と位置づけて、「テレワークとワーケーション」「WLBとSDGs」などのテーマも念頭におきながら、先導的かつ積極的な取組を推進してまいります。

現在、世界的にも注目を集めている新たなビジネスモデル(「Responsible Business」レスポンシブル・ビジネス)。これは、コア事業の成長と社会課題の解決を両立させるモデルです。これまで、日本企業の多くは別物として扱ってきました。これからは、企業活動のすべてに社会的責任が求められ、株主のみならず、顧客・従業員・取引先・地域社会など、あらゆるステークホルダーの関心をコア事業に反映させることが求められているのです。

他方、最近見かけることが多くなった17色の「SDGs」バッジ。これは、国連の「持続可能な開発目標」で、2030年までに達成をめざす17の目標を掲げています。こうした人類共通の課題解決に積極的に取組むことは、企業の価値を高め、ひいてはサスティナビリティ(持続可能性)を経営戦略の中核に据えるチャンスと捉えることができます。

こうした時代潮流はまさに、当センターが掲げる「WLB推進支援を通じて50年100年と続く『健康長寿企業』を増やす」との理念そのものです。引き続き、WLB推進をはじめ「働き方」に関するイノベーションに向け積極果敢な取組を推進される企業様の支援強化に努めてまいります。

より多くの県内企業様が、将来「あのコロナを機に我が社は変わった」と振り返ることが出来るような「躍進の年」にされますことをご祈念申し上げ、新年の挨拶と致します。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ひょうご仕事と生活センター長  辻 芳治

■3.WLB先進企業コラム(2020年WLB表彰企業)■
「見える化で、風通しがよく、愛がある職場づくり」

アンサー株式会社 代表取締役社長 山本清美

令和2年度 仕事と生活のバランス企業表彰をいただきました、アンサー株式会社でございます。弊社は姫路市でソフトウエア開発を行っております。

弊社では社員一人ひとりがwill-be~(私はこうなりたい。会社をこうしていきたい!)という想いを発言して、お客様への提案力や実行力に結びつける「will活動」が根付いています。年に1回実施される活動発表会では1年かけてチーム単位で企画した未来製品アイデアの企画コンペを行いました。コンペで優勝したアイデアは女性社員が企画した、子育てに関連するものでした。今期は全チームがこのアイデアを製品化すべく経営層と共に活動を進めて参ります。また、入社3年目の若手社員が、チーム代表発表者に抜擢されたことも若い力と情熱を感じ非常に感銘を受けました。

もう1つの取り組みとして、独自見える化システム「スマートバランス」です。本システムでは勤怠、就業状況など様々な情報が大型ディスプレイやスマートフォンに表示できる仕組みです。ストレス診断の一環として就業開始前に「今日の気分」(5段階)を入力し、全社員が見れる仕組みとなっています。私も、絶不調(赤い顔マーク)をつけてしまう日があります。そういったときに、社員から「社長、今日は絶不調なんですか?」と声を掛けられ、気にして見てくれていることに実感し励みになりました。社員からは、「意外と皆、気にして見ている(笑)」、「夫婦喧嘩した翌日は赤マーク(爆)」などコミュニケーションの話題になったり、業務上での問題解決に繋がった事例もありました。

今後も、新しいアイデアを取り入れながら、見える化で、風通しがよく、愛がある職場づくりを推進いたします。そして、経営理念の永続な実践のために、ワーク・ライフ・バランスの向上に、これからもしっかり取り組みます。誇りを持てる仲間と、本気で努力する仲間と、一緒に挑戦し成長を続けて参ります。

■4.仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]■

ひょうご仕事と生活センターでは多様な働き方を応援するため、各種助成金を用意しています。 詳細はホームページをご覧ください。申請書、手引き等がダウンロードできます。

◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇中小企業育児・介護等離職者雇用助成金
(今年度の受付は終了しています)
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金

■5.編集後記■

新年最初のメルマガ140号、いかがでしたか?
今月号では、「アンサー株式会社」代表取締役社長 山本清美様に、先進企業コラムのご寄稿いただきました。ありがとうございます。
コロナもまだまだ油断できませんが、引き続きがんばりましょう!
今年もよろしくお願い申し上げます。

メルマガ担当 須田

発行

■第140号
■2022年1月18日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまでお寄せください。お待ちしております!!<

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信先変更や登録などご不明なことは info@hyogo-wlb.jp までご連絡下さい。

メールマガジンの
購読登録・変更・解除

メールマガジン登録

メールアドレス必須
名前
一言コメント欄

メールマガジンアドレス変更

メールアドレス必須

メールマガジン解除

メールアドレス必須