• 文字
  • 中
  • 大

HOME > メールマガジン

メールマガジン

最新号バックナンバー

2018年10月号 第101号

ひょうごの”ええ会社 ”づくりに奮闘中!
~センタースタッフ奮闘記~

秋の涼しい風が吹き、心地よい毎日
何かをはじめたくなる季節でもあります!
自分の時間も大切に、よりイキイキと過ごせますように
それでは、メルマガスタートです!

■目次・CONTENTS

  1. 今月のトピックス
  2. ワーク・ライフ・バランスキャッチフレーズが決定しました!
  3. WLBな日々
  4. 真理子のひとりごと
  5. 仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]
  6. ひょうご労働図書館からのお知らせ
  7. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
◆◇◆◇ワーク・ライフ・バランス フェスタを開催します!◆◇◆◇

======★働き方改革でワーク・ライフ・バランスを実現 ★=======

日時 11月16日(金) 13:00~16:00
会場 兵庫県公館 大会議室
定員 300名
参加料 無料

【プログラム】 表彰式:ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰式
ワーク・ライフ・バランスキャッチフレーズ表彰式
キーパーソン養成講座修了式
調査報告:「妻から見た働き方改革 アンケート調査結果」
~サラリーマンの妻1,000人に聞きました~
報告者 藤島 一篤 氏
特別講演:御社の働き方改革、間違ってませんか?
~働き方改革で長時間労働是正と生産性の向上を図る~
講師 白河 桃子 氏
問い合わせ先 ひょうご仕事と生活センター 078-381-5277
詳細はこちらをご覧ください。

■2. ワーク・ライフ・バランスキャッチフレーズが決定しました!

ワーク・ライフ・バランス(WLB)の実現に向けて、さらなる普及を図るためWLBの取組を促進するキャッチフレーズを募集し、239件のご応募をいただきました。
審査委員会における厳正な審査の結果、次の通り受賞作を決定しました。多数のご応募ありがとうございました!!
グランプリ作品は、情報誌やホームページなどで幅広く配信し、WLBの普及推進に活用していきます。

★テーマ★
『長時間労働の是正をはじめとする働き方改革の促進によりWLBの取組を推進するキャッチフレーズ』

◆グランプリ (兵庫県雇用対策三者会議賞)
職場で大事なあの人は、家族にとっても大事な人
大浜 佑介さん

◆準グランプリ(兵庫労働局長賞・働き方改革賞)
あなたの時間は有限です  働き方を見直そう  家族の笑顔とWLB
竹内 純子さん

◆佳作(ひょうご仕事と生活センター長賞)
『長時間』 休まず働く もう古い 『生産性』 高めるならば ワーク・ライフ・バランス
杉本 泰造さん

◆佳作(ひょうご仕事と生活センター長賞)
仕事と生活 大切なものは 択一ではなく両立で
前川 美耶子さん

■3. WLBな日々

こんにちは、ひょうご仕事と生活センターで4月からコーディネーターを務めております橋本と申します。よろしくお願い申しあげます。
今年は、異常な暑さと地震と大型台風と大変な年ですが、これから新年にかけて穏やかに過ぎていくことを願っています。

さて、私ごとですが、先月娘夫婦が4泊5日で北海道に旅行することになり愛犬をあずかってほしいとのことで前日の9月1日(土)から6日(木)まで我家で預かることになりました。

以前にも同じ北海道旅行で愛犬を預かったことがあり、その時は預かった翌日から仕事のため朝から夕方まで不在で愛犬が1人?ぼっちで、帰宅すると全然元気がなくご飯もたべず大変心配した経験があったので、今回は、愛犬のために特別休暇を利用して月曜日と木曜日にお休みをとり(台風21号の影響で火曜日も休日に!)万全の体制でのぞみました。

その甲斐があってか、すこぶる元気で食事もよくたべ順調でしたが、なんと帰る日の朝に北海道で地震があり家族3人とも無事でほっとしたものの帰りの飛行機が運休で帰宅の目処立たず!
結局帰ってきたのは土曜日で、その間出勤前に朝の散歩と帰宅後の夜の散歩にそれぞれ30分から45分と結構疲れましたが、特別休暇の2日間と台風による休暇で、愛犬と過ごした1週間はそれなりに楽しく、ワーク<ライフな1週間でした。

■4.真理子のひとりごと■
「身体は健康なのに…」

先日、全盲の表現アーツセラピストの方と同行する機会がありました。
タクシーで移動中のこと。駅近辺の狭い道を通行中に、車道を歩く、何人もの人たちに遭遇しました。

車が後ろから来ているにもかかわらず、一向に道をゆずろうとしないので、運転手さんがホーンをピッと軽く鳴らすと後ろをにらむように振り返られました。見ると、手にはスマホ、耳にはイヤホンといういでたちです。

私が見るに見かねて、『最近は、ああいう人たちが多くて困るよねぇ。目はスマホを見続けていて、耳では音楽ガンガンの状態では、周りの気配を察知することなど全くもって不可能ですよね』と話すと、同乗していた女性が、『本当に、目も見えて、耳も聞こえる人たちなのに、それを使わないなんてもったいないわよねぇ』とひとこと。

全盲の方が言われた言葉なだけに、私にとってはとても重く、説得力のある発言でした。

そのあともしばらく彼女と話していましたが、おひとりで外出されることも多いそうですが、駅や通りで、幾度となく、白杖を蹴られたり、急に目の前を横切られたり、突き当たられたりして、何度、怖い思いをしたことかと話してくれました。

私たちは、家庭の中でも外出先でも、自分以外の多様な人たちに囲まれて生きているわけなのですが、タイミングや場所や機会をわきまえず、常に、手にはスマホ、耳にはイヤホンという自分だけの世界に閉じこもり続けてばかりいると、ついつい、周りの声や音も聞こえない、見るべきものが見えない、その結果、配慮すべき時に配慮できないってことが起きないでしょうか。もちろん、中には、聖徳太子のように同時に複数のことをこなせる方もおられるかもしれませんが、時にはスマホとイヤホンを手離し、周りの気配に思いを馳せてみませんか?

北尾真理子
ひょうご仕事と生活センター上席相談員
株式会社ダイバーシティオフィスKITAO代表
ダイバーシティコンサルタント

上席相談員のブログはこちら
「北尾真理子のつれづれ日記 ダイバーシティのなせる業」
http://diversity-kitao.co.jp/

■5.仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]■

ひょうご仕事と生活センターでは多様な働き方を応援するため、各種助成金を用意しています。皆様のご利用をお待ちしております。

平成30年度助成金の詳細はホームページをご覧ください。申請書、手引き等がダウンロードできます。

◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇中小企業育児・介護等離職者雇用助成金
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金

■6.ひょうご労働図書館からのお知らせ■
・。*・。平成30年度 労働問題研究会開催のご案内(参加費無料)・。*・。

パネルディスカッション
『有期・無期契約労働者間の労働条件の相違はどこまでか』
~長澤運輸・ハマキョウレックス事件(最高裁2小、H30.6.1判決)から見る留意点~

◎開催日時/場所
*第2回 :10月19日(金)尼崎商工会議所 6F601号会議室
*第3回 :11月 8日(木)姫路労働会館 1F第5会議室
*第4回 :12月14日(金) 兵庫県中央労働センター 1F小ホール
開催時間はいずれも 14:00~16:30

◎14:00~15:00
『長澤運輸・ハマキョウレックス事件(最高裁2小、H30.6.1)判例解説と働き方改革法の概要』
講師:柳屋 孝安氏(関西学院大学 法学部教授)

◎15:10~16:30(パネルディスカッション)
『判決から読み取る留意すべき点と労使双方の対応策について(働き方改革法への対応も織り込みながら)』
パネラー:吉田 裕樹氏<弁護士・京町法律事務所(第2回、第3回)>
藤原 孝洋氏<弁護士・神戸中央法律事務所(第4回)>
パネラー:丹治 典彦氏<弁護士・兵庫法律センター法律事務所>
コ-ディネーター:柳屋 孝安氏
詳細はこちら

■7.編集後記■

101号いかがでしたか?メルマガ担当の大西です。

239作品もの応募があったキャッチフレーズ!本当にありがとうございました!!今年度のテーマは、長時間労働の是正です。9月26日に開催したVAL21座談会では、昨年度の表彰企業2社をお招きして事例紹介やグループディスカッションが行われ、その中でも長時間労働は大きな課題となっていました。

私も十数年前の職場では、残業の日が多くありました。思い返せば…空腹で宅配ピザやお菓子を口にし、夜8時からは集中力が徐々に低下↓、そしてあっと言う間に終電。業務が多かったこともありますが、遅くまで残る=頑張っているとの思い込み、みんなが残っているから先には帰りにくい、「でもね」「でもね」で会議が進まないなどなど…理由はたくさん。

「働き方改革」が広まるこの時代、私もWLBと関わらせてもらい、あの時もっと効率的に業務をこなすことを目標の一つにしていたら、みんなの本心をしっかり聴くことができていたらと、度々昔を想います。今は、相談できる機関があります!ぜひ、ひょうご仕事と生活センターを活用していただき、これからも企業を、従業員を、将来を見つめて欲しいと願います。気軽にセンターへお問い合わせくださいね。ご連絡お待ちしています!

発行

■第101号
■2018年10月16日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
当センターは兵庫県からの委託事業を行っています
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまで、ドシドシお寄せください。

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信されなかった場合はお手数ですが、センターまでご連絡ください。

メールマガジンの
購読登録・変更・解除

メールマガジン登録

メールアドレス必須
名前
一言コメント欄

メールマガジンアドレス変更

メールアドレス必須

メールマガジン解除

メールアドレス必須