• 文字
  • 中
  • 大

HOME > メールマガジン

メールマガジン

最新号バックナンバー

2022年9月号 第148号

ひょうごの〝健康長寿企業"の基盤づくりに邁進中!
~WLB推進情報掲載~

みなさん夏の疲れはでていませんか?夏の疲れは「自律神経の乱れ」も原因のようです。
心と身体を整えて、残暑を乗り切りましょう!
それでは今月のメルマガ、スタートです。

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
    ①ワーク・ライフ・バランス神戸セミナー(10/4)開催のお知らせ
    ②阪神地域ワーク・ライフ・バランスシンポジウム(11/14)開催のお知らせ
    ③人材不足解消につなげる!人材活用セミナー(10/4)開催のお知らせ
    ④【経営者・管理職向け】女性活躍応援セミナー(10/13)開催のお知らせ
    ⑤多様な働き方応援シンポジウム(11/1)開催のご案内
    ⑥不妊治療促進のための県民シンポジウム(10/3)開催のご案内
  2. WLB先進企業コラム
  3. WLBな日々
  4. 仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]
  5. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
★:*:☆・∴・①ワーク・ライフ・バランス神戸セミナー開催のお知らせ・∴・☆:*:★
~Z世代の価値観や本音を理解しよう!~

生まれたときからTwitterやFacebook、Instagramといったソーシャルネットワーキングサービスに囲まれて育ったZ世代と呼ばれる若者たち。スマホを大人になってから持った世代とは、価値観やルール、行動パターンも異なります。これからの日本を支えていくZ世代は何に価値を置き、行動しているのか。Z世代がどんな働き方を求めているのか。Z世代の若手社員たちとどのように接し、育てていくかを参加者とともに考えます。

【日 時】令和4年10月4日(火) 14:00~ 16:30
【場 所】兵庫県民会館11階 パルテホール
     (神戸市中央区下山手通4-16-3)
【定 員】100名(先着順)
【講 師】斉藤 徹 氏 (㈱ループス・コミュニケーションズCEO)
【事例発表】株式会社フェリシモ
(平成23年度ひょうご仕事と生活のバランス表彰企業)
【参加費】無料
【申込方法】9月29日(木)までに応募フォームから必要事項を記入してください。
応募フォームはこちら
詳細はこちら

★:*∴・②阪神地域ワーク・ライフ・バランスシンポジウム開催のお知らせ・∴・:*:★
ワーク・ライフ・バランスを通じた生産性の向上
~創造性と多様性にむけて~

新型コロナウイルスから社会・経済が回復する中、働き方についても見直されています。生産性の向上とワーク・ライフ・バランスの実現に向け、働き方の課題と解決の方向性について一緒に考えます。

【日 時】令和4年11月14日(月) 14:00 ~ 16:00
【場 所】尼崎商工会議所 701会議室
     (尼崎市昭和通3-96)
【定 員】100名(先着順)
【講 師】古賀 広志 氏 (関西大学総合情報学部教授)
【参加費】無料

詳細はこちら

★:*☆・∴③人材不足解消につなげる!人材活用セミナー開催のお知らせ∴・☆*:★
~就職氷河期世代の採用と活用のポイント~

就職氷河期世代の雇い入れを検討している企業の皆様へ!

就職氷河期世代の人材育成のポイントや、定着成功例を伝えるセミナーが実施されます!!
講師にはニュース番組「スッキリ」や「報道ランナー」でお馴染みのコメンテーター、モーリー・ロバートソン氏が登壇します!

【日 時】令和4年10月4日(火)13:00~15:00
【会 場】尼崎市総合文化センター7階 第2会議室
(住所:尼崎市昭和通2丁目7-16)
※尼崎駅より約500メートルです!!

★セミナーには事前申し込みが必要です
お申し込みはこちらから

■お問い合わせ
一般財団法人 大阪労働協会
TEL: 06-4790-9600 (9:15~18:00※土日祝除く)
メール:osakajobfair@l-ork.jp

:*:☆・∴④県立男女共同参画センターから 【経営者や管理職向け】女性活躍応援セミナー開催のお知らせ∴・☆:*:★
~人と組織が共に成長するために~ アンコンシャス・バイアスへの対応

アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)とは、私たちが気づかずに持っている、偏ったものの見方や捉え方。考える以前に瞬時に起こる知的連想であり、普段は意識しづらいもの。国内外の企業風土を知る講師から、アンコンシャス・バイアスが組織にもたらす影響と対策を学び、多様性を活かしたマネジメントや活力ある組織づくりを考えましょう。

【日 時】令和4年10月13日(木) 14:00~15:30
【対 象】兵庫県内企業の経営者、管理職
【定 員】会場受講30名 及び
      オンライン配信視聴 (事前申し込み制)
【講 師】パク・スクッチャ氏(㈱アパショナータ)
【会 場】兵庫県立男女共同参画センター セミナー室
(神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 神戸クリスタルタワー7階)
JR神戸駅より南へ徒歩3分
【参加費】無料

詳細についてはリンク先をご覧ください。
https://hyogo-even.jp/seminar/management.html

問合せ先: 兵庫県立男女共同参画センター内 女性活躍推進センター
電話:078-360-8550(代表)

★:*:☆・∴⑤県立男女共同参画センター設立30周年記念
多様な働き方応援シンポジウム開催のお知らせ∴・☆:*:★

「6Kライフのすすめ ~子育て、家事、介護、看護、子ども会、関西移住~」

【日 時】令和4年11月1日(火) 13:30~15:30
【会 場】クリスタルホール
(神戸市中央区東川崎町1-1-3 神戸クリスタルタワー3F)
【定 員】先着150名
【講 師】渥美 由喜氏(関西広域連合 有識者委員)
【参加費】無料

詳細についてはHPをご覧ください
 → https://hyogo-even.jp/kouza

★:*☆・∴⑥「不妊治療促進のための県民シンポジウム」のご案内∴・☆*:★

~男性不妊症への理解と治療を続けやすい職場環境づくり~をテーマに、男性不妊症への理解や不妊症に関する知識を県民に普及するとともに、治療を受けやすい環境整備に係る機運の醸成を図るため、シンポジウムを開催します。

【開催日時】 令和4年10月3日(月)14:00~16:30
【開催場所】 兵庫県公館 大会議室(神戸市中央区下山手通4-4-1)
【対  象】 若い世代(20~30代、主に男性)、事業所経営層 150名程度
【内  容】 
 ≪基調講演≫
「不妊治療に向き合うこと~社会生活と治療の両立~」
講師:NPO法人Fine 理事 野曽原 誉枝 氏
≪パネルディスカッション≫
テーマ「社会で支える不妊治療」
■座長兼パネラー
神戸大学医学部附属病院腎泌尿器科 講師 千葉 公嗣 氏
■パネラー
NPO法人Fine 理事 野曽原 誉枝 氏
兵庫県知事 齋藤 元彦 氏
厚生労働省 兵庫労働局長 鈴木 一光 氏
シスメックス株式会社 人事本部長 前田 真吾 氏
【参 加 費】 無料
【申込み方法】
こちらから必要事項をご記入の上、お申し込みください→
https://www.e-hyogo.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/form.do?id=1661410920916

【申込み・問合せ先】
兵庫県保健医療部健康増進課 保健・栄養指導班
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
TEL:078-341-7711(内線3319)
E-mail:kenkouzoushinka@pref.hyogo.lg.jp

■2.WLB先進企業コラム(2021年WLB表彰企業)■

ハートスフードクリエーツ株式会社 齊藤 慶子

ハートスフードクリエーツ株式会社は、創立11年目のまだ若い会社になります。
事業展開は、求食事業部(給食)/外食事業部/スイーツ事業部の食に関わる事業を展開しております。
“心を込めて健康的で美味しい食を笑顔で提供する”を会社理念として掲げており、働く従業員も心身ともに健康的であることがお客様に対して愛情のこもった商品や最高のサービスができることの基本だと考えております。
これまでもWLBに関しては様々な取り組みを実施してきましたが、2021年より年2回(全ての従業員が参加)社内研修にて、社内規定や問題点などを出し合ってグループディスカッションを実施し、より一層従業員の声を反映できる仕組みづくりを行いました。
その中での意見より改善した取り組みをご紹介いたします。

『働き方改革によるみなし残業の撤廃』
2022年の4月より実質残業した分のみ支給される規定へ移行になりました。
改革に伴い各現場の作業の効率化や時間が掛かってしまう事務仕事の内容を見直しする事によって、無駄な残業を減らし業務改善にも繋がりました。
週休二日制も2021年より実施していたので以前より休日が多く働きやすい環境になったとの声もあがってきています。
又2018年より新卒採用にも力を入れて若い従業員の方が働きやすい環境を整備してきました。しかし実際には世代による仕事の考えの違いやコミニケションの取り方などギャップも多く感じました。時代とともに変化していることをしっかり受け止め、互いに理解し協力し合えることを重視して、“一人ひとりがやりがいを見出せる会社”であるように環境を整えていきたいと思います。
今後も社内の風通しが良くそれぞれの従業員が活躍できるように寄り添いチームワークの良い組織になる様に努力していきたいと思います。

■3.WLBな日々■

ひょうご仕事と生活センター 業務課 西村 由紀子

今年の4月からひょうご仕事と生活センターへ着任いたしました西村と申します。
今回は私にとっての「ワーク・ライフ・バランス」を自己紹介も兼ねてご紹介したいと思います。

私の出身は大阪府堺市で現在は神戸市に住んでいます。家族は夫と子供2人セキセイインコ2羽とトイプードル1匹で、毎日が賑やか過ぎるくらいです。

「ワーク・ライフ・バランス」というワードはちょうど上の子を出産した2008年頃からネット上などでもよく目にするようになったように思います。当時は産後5か月で職場復帰したこともあり、家事育児と仕事を両立させるのに常に試行錯誤の毎日で、情報収集の際によく目にしていたのではないかとも思います。

当時は女性社員が多くいる職場に勤めており、子育てとの両立には理解のある環境でしたが、それでも子供の発熱で急遽休まなければならない時にはとても心苦しい思いをしながらお休みをいただいていました。忙しい時期には、病児保育を利用したり母の助けを借りたり、綱渡りの日々だった時期もありました。オーバーワークだったのでしょうか、よく体調も崩していました。今は子どもも大きくなり、両立については前ほど悩まなくなりましたが、子育てには悩みが尽きません。子どもの人生、親が悩んでもどうにもならないとは思いつつ、ついつい悩んでしまいます。(笑)

私にとっての現在の「ワーク・ライフ・バランス」とは「仕事と家事育児のバランス」ということになりますが、今後はそれに自分の趣味やスキルアップなども加えていければ理想的です。

今年度はセンター情報誌「仕事と生活のバランス」の担当をさせていただいておりますので、皆様に役立つ情報をお届けできるよう、一生懸命努めて参りたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

■4.仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報] ■

ひょうご仕事と生活センターでは多様な働き方を応援するため、各種助成金を用意しています。皆様のご利用をお待ちしております。
令和4年度助成金の詳細はホームページをご覧ください。申請書、手引き等がダウンロードできます。

◇育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金
◇仕事と生活の調和推進テレワーク導入支援助成金

■5.編集後記■

メルマガ148号、いかがでしたか?
 今月号ではハートスフードクリエーツ株式会社 齊藤 慶子様より先進企業コラムへご寄稿いただきました。ありがとうございます。
 来月もお楽しみに!!

メルマガ担当 須田

発行

■第148号
■2022年9月20日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
当センターは兵庫県からの委託事業を行っています。
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまで、ドシドシお寄せください。

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信されなかった場合はお手数ですが、センターまでご連絡ください。

登録・メールアドレスの変更、解除は下記リンク先からお手続きください。
https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/bxkq8594

メールマガジンの
購読登録・変更・解除

メールマガジン登録

メールアドレス必須
名前
一言コメント欄

メールマガジンアドレス変更

メールアドレス必須

メールマガジン解除

メールアドレス必須