• 文字
  • 中
  • 大

HOME > メールマガジン

メールマガジン

最新号バックナンバー

2020年12月号 第127号

ひょうごの”ええ会社 ”づくりに奮闘中!
~センタースタッフ奮闘記~

皆さ~ん、今年最後のメルマガとなりました!
今年は環境の変化により、様々な対応をなされたと思います。
多様な生き方実現へ!
それでは今月のメルマガ、スタートです。

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
  2. 認定企業募集のご案内
  3. WLB先進企業コラム[キャタピラージャパン合同会社]
  4. WLBな日々
  5. 仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]
  6. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
☆*:;;;;;:*☆☆オリジナル卓上カレンダープレゼントのお知らせ☆☆*:;;;;;:*☆

ワーク・ライフ・バランスキャッチフレーズコンクールの入賞作品とセンターキャラクター「WLB7」を掲載したオリジナル卓上カレンダーができました。
ご希望の方先着200名に無料でプレゼントします。(お1人様1部限り)。
ワーク・ライフ・バランスの取組にぜひご活用ください!
応募方法など詳しくはセンターHPをご覧ください。
https://www.hyogo-wlb.jp/news/oshirase/item6999

★:*:『お仕事川柳』を募集中![兵庫県立姫路労働会館] :* ★:*:

「仕事」及び「仕事と生活の調和」に関する皆様の心の声を「川柳」にしてお寄せください。お待ちしています!!
◆応募資格 原則として、兵庫県に在住の方及び県内で勤務又は活動している方
◆応募条件 テーマは「仕事」及び「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」に関する川柳とします。特に今回は、このテーマを前提に、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践に関するものも歓迎します。
◆応募方法
①一人5句まで応募いただけます。過去の入賞作品はご遠慮ください。
②官製はがき又は、はがき大の用紙に記入し、下記宛てに郵送または持参してください。(一枚につき最大5句まで記入可)※用紙は姫路労働会館にも設置しています。
③展示の関係上、作品面には氏名(ペンネーム可)のみ記入してください。ただし、無記名希望の方は、この限りではありません。
④宛先面には住所、氏名、電話番号を必ずご記入ください。
⑤応募いただいた作品は、原則として返却しません。
◆募集期間
令和2年11月2日(月)~令和3年1月22日(金) 当日消印有効
◆お問い合わせ・提出先
〒670‐0947  姫路市北条1丁目98番地
兵庫県立姫路労働会館 「第16回お仕事川柳コンクール」係
℡ 079‐223‐1981
チラシはこちら http://www.himerou.server-shared.com/event/R2_senryu.pdf
◆展示
基本的に応募作品は全て展示いたします。
【場所】姫路労働会館1階「展示コーナー」
【期間】令和3年3月中旬から約1ヶ月程度とします。
◆審 査 主催者が委嘱する審査員で行います。
◆賞及び副賞
・兵庫県知事賞 1点
・姫路市長賞 1点
・中播磨県民センター長賞 1点
・連合兵庫西部地域協議会議長賞 1点
・姫路労働者福祉協議会会長賞 1点
・姫路経営者協会会長賞 1点
・播磨川柳協会賞 1点
・公益財団法人 兵庫県勤労福祉協会理事長賞 1点
・姫路労働会館名誉館長賞 1点
※副賞については、商品券3,000円分。
◆発表・表彰
入賞者に通知するとともに館内掲示及びHPで行います。
賞状及び副賞は、表彰式にて授与します。日程は後日お知らせします。
【主 催】公益財団法人 兵庫県勤労福祉協会 姫路労働会館
【共 催】兵庫県・姫路市・連合兵庫西部地域協議会・姫路経営者協会・姫路労働者福祉協会・播磨川柳協会
【後 援】NHK神戸放送局・朝日新聞姫路支局・神戸新聞社・読売新聞姫路支局・毎日新聞姫路支局・産経新聞社

■2. 認定企業募集のご案内 ■

ひょうご仕事と生活の調和推進

★:*:「認定企業募集」!:* ★:*:

受付:令和2年12月1日(火)~令和3年1月20日(水)

ひょうご仕事と生活センターでは、ワーク・ライフ・バランスを実現する制度整備や働き方の見直し、組織風土の醸成等に向けた企業の取組を支援しています。
このような取組を進め、成果を収めている企業・団体を「認定」し、ワーク・ライフ・バランス認定企業として公表しています。ぜひ、ご応募ください。
「認定企業」になると・・・
★認定企業としてHP等で企業名と取組が広く周知され、イメージ向上に繋がります
★認定企業ロゴマークを名刺等に表示し、積極的な取組を行っていることをアピールできます
★ハローワークの求人票や求人広告でPRでき、人材確保の効果が期待できます
★県と連携協定を結んでいる金融機関等で優遇金利での融資など金融面で支援を受けられます

■3. WLB先進企業コラム ■

キャタピラージャパン合同会社 明石事業所 

弊事業所は、1960年12月に明石市魚住町に誕生し、今年60周年を迎えます。2008年にキャタピラージャパンに社名変更し、2012年には米国Caterpillar社が単独所有する企業となりました。明石では、キャタピラーを象徴する製品「油圧ショベル」の開発・生産を行っています。

グローバル企業のメンバーとなったことで、社内の意識も大きく変わりました。2012年に一部社員対象にテレワークを開始、2018年にはオフィスワークの社員全員に適用、コアタイム制も廃止し、より柔軟に働ける環境となりました。今般のコロナ禍においては、3月より上記社員は原則テレワークとなり、現在ではその利用頻度に応じて在宅昼食費補助を支給し、各自の働き方に応じた福利厚生が得られる様にしました。

社員の意識改革の1つとして、グローバルで取り組む「リバースメンタリング」があります。一般的なメンタリングでは、管理職をメンター、若年者をメンティーとして行いますが、リバースメンタリングでは、メンターを比較的若年の女性、メンティーを管理職の男性として行います。女性が活躍する上で、管理職はどのようなことが望まれているのか女性自身から学び、意識改革を進める事で、働き易い企業文化作りに貢献しています。

社外活動では、将来を担う若手女性研究者を支援する取組として、2018年に「兵庫・関西キャタピラーSTEM賞」を設立、理系女子学生・女性研究者への助成を行っています。
毎年2月に行われる授賞式には、夢を熱く語る高校・大学生、志を高く持ち日々研究に勤しむ女性研究者のイキイキとした姿に感動を覚えます。

これからも、全社員にとって安全かつ健康を第一に考えた施策を展開するとともに、WLB先進企業として、時代の変化に先駆け進化して行きたいと思います。

■4. WLBな日々■
諦めない、諦めてはいけない「テレワーク」

ひょうご仕事と生活センター
阪神事務所長 岸 和民

今年も残こすところあとわずか。
新型コロナウイルスの感染拡大とその対策に終始した一年だった。
コロナ禍で、テレワーク、在宅勤務という働き方が一気に広がった。
内閣府が、緊急事態宣言が全面的に解除された5月下旬に行った調査では、就業者のうちテレワークを経験した人の割合は34.6%に達した。
しかし、今年9月に、民間企業が実施した調査では、6か月以内にテレワーク経験のあった働き手のうち、「今は止めている」と答えた人は4割にも上った。
導入の課題は①労働時間の管理が難しい②人事評価が難しい③コミュニケーションが不足する④セキュリティが心配であるという。
ものづくりが盛んな阪神地域では、テレワークに相応しい仕事がない。出勤せざるを得ない社員とテレワークする社員で不公平感が生じたと聞く。
一方、テレワークを浸透させた会社の話を聞くと、現在の働き方になるまでには、何年もの間、試行錯誤を重ねてきたそうだ。
当センターにも、企業、団体のテレワーク導入を支援するICTアドバイザーを配置した。気軽に相談していただきたい。
テレワークが、最善の働き方ということはいえなくとも、労働力人口が確実に減少し、高齢化が進み、東京一極集中が進むわが国において、持続的成長のためには、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークが当たり前になる社会に変わる必要がある。
新型コロナが、今後、どのような展開になろうとも、テレワーク推進の取組は諦めてはいけない。

■5.仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]■

ひょうご仕事と生活センターでは多様な働き方を応援するため、各種助成金を用意しています。ICTアドバイザーが着任しています‼
今年度助成金の詳細はホームページをご覧ください。申請書、手引き等がダウンロードできます。

◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇中小企業育児・介護等離職者雇用助成金
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金

■6.編集後記■

今号では、「キャタピラージャパン合同会社」様より、先進企業コラムにご寄稿いただきました。ありがとうございます。
「リバースメンタリング」による意識改革、そして、「兵庫・関西キャタピラーSTEM賞」設立により研究に勤しむ女性研究者のイキイキとした姿が浮かびますね。
健康で働きやすい環境があります!
来年度もトピックス・ご案内・コラム等をモリモリ掲載する予定ですのでお楽しみに!

メルマガ担当 中村

発行

■第127号
■2020年12月15日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまでお寄せください。お待ちしております!!

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信先変更や登録などご不明なことは info@hyogo-wlb.jp までご連絡下さい。

メールマガジンの
購読登録・変更・解除

メールマガジン登録

メールアドレス必須
名前
一言コメント欄

メールマガジンアドレス変更

メールアドレス必須

メールマガジン解除

メールアドレス必須