• 文字
  • 中
  • 大

HOME > メールマガジン

メールマガジン

最新号バックナンバー

2019年6月号 第109号

ひょうごの”ええ会社 ”づくりに奮闘中!
~センタースタッフ奮闘記~

いよいよ梅雨本番ですね。
メルマガでちょっと気分転換はいかがでしょうか。
それでは、今月のメルマガ、スタートです。

■目次・CONTENTS■

  1. 今月のトピックス
    キャンペーン『キャッチフレーズ募集』
    『キーパーソン養成講座 受講者募集』
    『労働問題研究会』開催ご案内
    『健康経営優良法人2020認定を目指すセミナー』
  2. WLB先進企業コラム [アスカカンパニー株式会社]
  3. WLBな日々
  4. 真理子のひとりごと
  5. 仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]
  6. 編集後記

登録・メールアドレスの変更、解除はこちらからお手続き下さい。

■1.今月のトピックス■
☆・♪.*☆*♪☆キャッチフレーズ募集始まりました☆・♪.*☆*♪☆+゚♪

今年もワーク・ライフ・バランス推進キャンペーンとしてキャッチフレーズの募集を行います。
募集テーマは『働き方改革を進めワーク・ライフ・バランスの取組を促進するキャッチフレーズ』です。

☆応募資格:兵庫県在住・在勤、在学の方
☆募集期間:令和元年6月3日(月)~令和元年8月2日(金)
※郵送の場合は当日消印有効

詳しい内容はHPをご確認下さい。https://www.hyogo-wlb.jp/news/bosyu/item5035
PDFはこちら
PC・スマホはこちら

★:*:☆・∴・∴キーパーソン養成講座 受講者募集開始!(参加費無料) ∴・∴・☆:*:★

WLBを組織で推進していくには、“キーパーソン”の育成が欠かせません。
当講座では、自組織の課題を的確に把握した上で、具体的な取組みプランを策定していただきます。
また今年度からは、実際に取り組んだ成果を参加者同士で共有していただく機会(フォローアップ)も新たに設けます。
他社のキーパーソンの方々とのグループディスカッションをメインに進めていきます。

<当講座開講スケジュール>
◆ 日 時
【第1回】2019年 8月28日(水)10時00分~16時00分
【第2回】2019年 9月25日(水)    〃
【第3回】2019年10月16日(水)    〃
【フォローアップ研修】2020年 2月19日(水)13時00分~16時30分
※昨年度と研修の進め方が異なりますのでご注意ください。
・第1回から第3回までの全講座に参加された方には修了書をお渡しします。
◆ 会 場  兵庫県中央労働センター201会議室
◆ 対 象
・ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言ご登録企業のキーパーソン、またはキーパソンになりうる方
・全日程に出席可能な方
「ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言」とは?
◆ 定 員  20社(先着順)
1社につき2名様まで。(お申込書は2名様分必要です)
◆ 締 切  2019年8月9日(金)*定員になり次第締め切ります。
お申込み方法
受講を希望される方は、下記URLのお申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたは、E-mailにてお申込みください。(先着順)
☆詳細はこちら

★*…━━━2019年度第1回「労働問題研究会」開催ご案内(参加費無料)━━━…*★
“働き方改革を実践する”

・労働時間対策の具体策(残業上限規制・新36協定・年次有給休暇運用の留意点)
・ガイドラインを踏まえた賃金設定のあり方

講師 社会保険労務士 糟谷 芳孝氏(糟谷社会保険労務士事務所 代表)

◆日 時  2019年7月18日(木)14:00~16:00
◆場 所  兵庫県中央労働センター1階小ホール(TEL 078-341-2271)

働き方改革関連法で対応が急がれるのが、労働時間と有給休暇の部分です。
実務に精通された講師より実践策をご教授いただきます。

◆ 参加費は無料です。お申込みはHPをご確認下さい。
HPはこちらから
◆ 定員60人。お早めにお申し込み下さい。

主催 :
公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご労働図書館、兵庫県中央労働センター
ひょうご仕事と生活センター、姫路労働会館
共催 : 兵庫県、兵庫労使相談センター
後援 : 日本労働組合総連合会兵庫県連合会、兵庫県経営者協会

☆☆*:;;;;;:*☆☆健康経営優良法人2020認定を目指すセミナー☆☆*:;;;;;:*☆☆
~協会けんぽ兵庫支部~

健康経営優良法人2020認定を目指すセミナーを県内5地域で開催いたします。
参加無料、申込み先着順となっておりますので、お早めに申込みください。

◆対   象   事業主様、総務担当者様 等
◆開催日時
①尼崎会場 (尼崎商工会議所 )定員100名
7月23日(火)   14:00~16:00
②洲本会場 (洲本市市民交流センター)定員36名
7月25日(木)   14:00~16:00
③姫路会場 (姫路商工会議所 )定員70名
7月30日(火)   14:00~16:00
④豊岡会場 (じばさん但馬 )定員50名
8月1日(木)    14:00~16:00
⑤神戸会場 (神戸国際会館 )定員100名
8月6日(火)    14:00~16:00

◆講演内容
1  健康経営優良法人2020の認定を目指して
2  健康経営優良法人2019認定事業所による健康経営事例発表
詳しくは協会けんぽホームページをご確認下さい。

お問合わせ:協会けんぽ兵庫支部 企画グループ TEL 078-252-8701
※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。
◎ひょうご仕事と生活センターのHPにも情報を掲載しております。
こちらからどうぞ

■2.WLB先進企業コラム■

アスカカンパニー株式会社は、1968年に創立したプラスチックメーカーです。
プリン容器やアイスのフタ等、皆さんの身の回りにある商品にかかわるプラスチック製品の開発・製造を主に行っています。
2019年4月末現在の従業員数は237名(男性140名、女性97名)で、男女比は6:4となっており、プラスチック製品製造業としては女性の比率が高い会社です。
当社では、従業員のための両立支援制度の整備に10年以上前から取り組んでいます。女性の産休・育休取得率は100%(過去10事業年度)。従業員が始業・終業時間を個々で決められる短時間勤務制度は、育休から復帰した後の女性社員はもちろん、男性社員も育児参加のために利用しています。
制度があっても利用する人が少なければ「使いたいけど、言い出しづらい」と感じてしまいますが、当社では長年の取り組みにより、中堅社員には「自分たちも制度を使わせてもらったから、今度は自分たちが後輩を助ける番」、若手社員には「先輩たちがみんな制度を使っているから、私たちも使って良いんだ」という意識が生まれ、「お互い様」の環境が形成されました。
当社の社是の一つに「愛他精神」という言葉がありますが、この言葉の通り、社員がともに協力し、互いを思いやる雰囲気があるところが当社の大きな魅力だと感じます。
年齢・性別問わず、誰もが働きやすい職場環境を目指し、今後も取り組んでまいります。

アスカカンパニー株式会社
管理部 HRグループ
畑瀬美早紀

■3. WLBな日々■
「わたくしのWLBな日々」

みなさまこんにちは。ひょうご仕事と生活センターで、調査統括を担当しております勝田です。
季節はいよいよ夏へと向かっていくところ、暑いのが苦手な私としてはこれからがつらい季節です。
そして暑い季節は、冷たい飲み物が私と家族のライフを支えてくれます。氷を入れたグラスに梅酒を注いで、炭酸で割る。さわやかな夏の滋味です。食欲が落ちがちなこの季節に、梅酒は消化を助けてくれる作用もあるそうです。

今月の季節のお仕事は、梅酒の仕込みです。梅酒は漬けてから3か月後の10月くらいから飲むことができますが、できれば1年以上たってからがおすすめです。昨年度漬けた梅酒の味見も、今の季節の楽しみです。
おいしい梅酒の作り方のコツは、できるだけ大粒の、緑色で硬い梅の実を選ぶこと。梅の実は丁寧に洗います。この時点で柔らかくなりかけの金色の実は、後で梅干か梅ジュースにするため、一旦冷蔵庫に入ってもらいます。
洗った実は布巾で拭いて乾かします。竹串で1個ずつヘタをとります。
ここで梅の実に竹串を刺して穴をあける派とあけない派に分かれますが、わたくしはあけない派です。理由は美しくないから。後で梅の実もいただきますので、美しい方がいいのです。梅エキスはどちらでも十分に抽出されるそうです。
熱湯消毒したガラス瓶に、氷砂糖と梅を交互にいれます。上から35度以上の強いお酒を注ぎ入れます。ホワイトリカーまたは焼酎、あるいはちょっとリッチにブランデーなどもおすすめです。梅1kgに対して1升です。あとは冷暗所に放置するだけ。なんて簡単なのでしょう。無精者の私にぴったりです。

私は学生のころから毎年作り続けていますが、10年以上寝かせた梅酒の豊潤な味と香りは、時間が作ってくれる贈り物です。時間というものの力をしみじみ感じることができます。
その時間のパワーをいただいて、明日からのワークに立ち向かう気力を養うのです。

■4.真理子のひとりごと■
「わたし、定時で帰ります!」

この4月から民放テレビ番組で、「わたし、定時で帰ります!」という番組が始まりました。
まさに、今の社会での働き方改革の動きがベースになっている番組ですね。
主人公の女性はホームページ製作会社に勤めていますが、ほぼ毎日定時に退社し、お気に入りの中華料理店でハッピーアワーのサービス目当てにビールを飲み、食事をしに行くことを楽しみにしています。
彼女のように早く帰るための目的を持っておくのは、名案ですよね。私自身、企業に勤めていた頃は、幸か不幸か早く帰って誰かの世話をするという状況におかれてなかったので、日々、残業しがちになっていました。後から考えれば、必ずしもその日の内に終えなければいけない仕事をするために残業していた訳ではありませんでした。最初から残業ありきの効率の悪い働き方をしていた部分もあったように思います。それでもたまに誰かと会って食事に行く約束をしている日は、朝からどうすれば段取り良く仕事を進めて定時に帰ることができるかを考えて、普段よりも効率よく仕事をしていたような気がします。

男性社員の中には、定時に帰れと言われても早く家に帰っても別にすることもないしなぁ、というように、ついしなくてもよい残業をしてしまう癖があると言われる方もおられます。そういう方々は、新たに趣味の習い事を始められるとか、ハッピーアワーに間に合うようにレストランに行き、お得なディナーを楽しまれるなど、定時に退社するための何か楽しい目的を設定されてみてはいかがでしょうか?

たまには家族そろって外食するとか、あるいは、なべ物やすき焼き、手巻き寿司など、家族みんなが揃って食べる方が美味しい夕食にされるとか…。そんなことも定時に帰るための目的になるかもしれませんね。何事をするにもまず、何のためにそれをするのか、という目標設定が大事なのではないでしょうか?

北尾真理子
ひょうご仕事と生活センター上席相談員
株式会社ダイバーシティオフィスKITAO代表
ダイバーシティコンサルタント

上席相談員のブログはこちら
「北尾真理子のつれづれ日記 ダイバーシティのなせる業」
http://diversity-kitao.co.jp/

■5.仕事と生活の調和を図るための支援策[助成金情報]■

ひょうご仕事と生活センターでは多様な働き方を応援するため、各種助成金を用意しています。皆様のご利用をお待ちしております。

平成30年度助成金の詳細はホームページをご覧ください。申請書、手引き等がダウンロードできます。

◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(休業コース)
◇中小企業育児・介護代替要員確保支援助成金(短時間勤務コース)
◇中小企業育児・介護等離職者雇用助成金
◇仕事と生活の調和推進環境整備支援助成金

■6.編集後記■

「アスカカンパニー株式会社」管理部 HRグループ 畑瀬様には今回のコラムだけではなく『WLBな会社ガイド』(平成30年度版)でインタビューにも答えていただいています。
有難うございました。兵庫県内の大学やハローワーク、商工会議所等で『WLBな会社ガイド』を見かけられましたら、そちらもご一読いただければ幸いです。
今月から募集のキャッチフレーズにもぜひ応募ください。締切は8月2日(金)です。
メルマガ担当 和田

発行

■第109号
■2019年6月18日火曜日発行
■公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
ひょうご仕事と生活センター
当センターは兵庫県からの委託事業を行っています
ご意見、ご要望はこちらのアドレスまでお寄せください。お待ちしております!!

お問い合わせ
info@hyogo-wlb.jp
ホームページ
https://www.hyogo-wlb.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/WLB.Hyogo

※当メルマガは毎月第3火曜日に配信しています。
配信されなかった場合はお手数ですが、センターまでご連絡ください。

メールマガジンの
購読登録・変更・解除

メールマガジン登録

メールアドレス必須
名前
一言コメント欄

メールマガジンアドレス変更

メールアドレス必須

メールマガジン解除

メールアドレス必須