• 文字
  • 中
  • 大

HOME > センターについて > センター長挨拶

センター長挨拶

「新たなワークスタイルの創造」でコロナ禍を乗り越えよう!

~新年度スタートにあたって~

「ひょうご仕事と生活センター」ホームページにアクセス頂いた皆さん!
ようこそご来訪頂きました。ありがとうございます。新年度のスタートにあたりご挨拶を申し上げます。

私どもセンタースタッフ一同は、コロナ第四波の感染拡大が懸念されるなかではありますが、決意も新たに積極的な取組を進めてまいりたいと考えているところです。よろしくお願い申し上げます。

新年度においては、前年度実績とコロナ禍での新たな潮流をふまえ、より多くの企業・団体様に「ワーク・ライフ・バランスを根付かせる」との設立原点(ビジョン:「私たちはワーク・ライフ・バランスを通じて、もっと幸せになれる社会への扉を開きます」)に加え、ポストコロナを見据えた「新たなワークスタイルの創造」をサポートするという使命・役割をシッカリと果たせるよう、以下5点を2021年度(令和3年度)重点業務取組に位置づけ、具体的な活動をスタートしました。

  1. 県下3拠点(神戸・阪神・姫路)の機動力発揮により、地域特性をふまえた支援を展開する(地域バランスを意識した取組)。
  2. 「量的拡大」と「質的向上」を車の両輪とする支援方策の枠組みは堅持しつつ、「質的向上」により重点を置いた実践支援を推進する。
  3. ポストコロナを見据えた、ICT(情報技術)活用によるテレワーク等「新たなワークスタイル」への取組支援を強化する。
  4. 新しいワークスタイルの実現に向けた「助成金の活用」を促進する。
  5. 先進的取組を進める企業を対象とした実践事例の発信とあわせ、学び・交流の機会を提供する。

――との内容です。

コロナ禍の今、ICTを活用した働き方改革の新たな潮流を意識して、「コロナが落ち着けば元の働き方に戻せばいい」との受け止めではなく、イノベーション(変革)への好機と捉え、真摯に向き合っていくことが重要となっています。

私どもセンターが、このコロナ禍を乗り越えようとされる企業・団体の皆様にとって、お役にたつ存在感あるセンターとして、ご要望にお応えできるよう実践支援の強化をめざしてまいりますので、より多くの企業・団体様から、お気軽にご相談をお寄せ頂ければと思います。お待ち致しております。

新たなワークスタイル創造で、コロナ禍を共に乗り越えてまいりましょう。