• 文字
  • 中
  • 大

HOME > WLBとは

WLBとは

WLB(ワーク・ライフ・バランス)を使ってあなたの会社をパワーアップ!

WLBとは仕事にやりがいを充実感を感じ、責任を果たしながら、その一方で
子育てや介護、家庭や地域での生活、自己啓発などといった、個々の私生活も充実させるという考え方です。
「仕事」と「生活」の「調和」を図ることは、豊かで充実した人生を送るための必須条件なのです。

メリット・必要性

優秀な人材の確保・定着

従業員が安心して働けるので、離職率が低下します。

能力の発揮

限られた時間を最大限に活用するため、従業員自らが創意工夫して仕事に取り組むようになります。

明るい職場風土の形成

お互いさま意識や、気軽に声を掛け合う風土が築かれます。

厳しい経済情勢の仲、いかに優秀な人材を採用できるか、または採用した人材をどのように育成し、活用し、組織を活性化していくかは、企業にとって重要課題です。組織の活性化には、そこで働く一人ひとりが最大限の能力を発揮できる組織風土の醸成、個人の意識改革と適切なリーダーシップが必要です。

「会社は仕事ばかりしてくれる社員がありがたい…」。そう思うのは間違いです。
WLB実現推進に取り組む企業・団体は、従業員を大切にします。それは有能な人材確保にもつながり、結果的に組織にとってのメリットにもなります。「あの会社では多様な働き方ができるらしいよ」という評判は大きな宣伝材料です。
経営者にとっても、WLBの実現推進に取り組むことは、経営戦略の一つなのです。

ワーク・ライフ・バランスの推進のために

WLBが推進されるためには、制度導入のみならず、従業員一人ひとりが共通認識として「多様な働き方ができる」という考えを持つことが出来る企業風土を形成することが必要です。
経営者の積極的な関与や、従業員の中の推進者(キーパーソン)を配置するなどの促進要因があると、「多様な働き方ができる」という従業員意識が生まれ、その意識が企業風土となって、ワーク・ライフ・バランスの推進に大きな影響を与えます。

WLBのサポートプログラム